従来の電力会社と比較して電気代を安く!電力自由化でお得に暮らす【Interior Environment】

電力を選べる時代

2016年の4月から、一般家庭でも電力自由化で電力会社が選べるようになりました。しかしまだ、電気会社を見直してないという方もいらっしゃるのでは?もしかすると、他の電気会社だとかなり電気代が抑えられるかもしれませんよ。この機会に電力会社を変えてしまうのもいいかもしれませんね。

実際に電力会社を変えた方の声

安くなった

一般家庭での電力自由化からかなり後に見直しをしましたが、何と他社だと3000円ほど変わっていました。しかもキャッシュバック付きだったので、急いで電力会社を変えました。

まだ検討中ですが…

つい最近電力会社の見直しをしましたが、他社にした方が安くなる事が発覚。まだ検討中ですが、安くなる可能性もあるのので、気になる方は見積もりしてもらうのもいいかもしれません。

見直しは大切

電力会社を見直す事で、より電気代が抑えられてその分を貯蓄に回したり出来ました。あまり変わらないだろうと思うのではなく、少しでも変わるだろうという気持ちで見直すのがいいですよ。

住宅街

値段と発電方法が決め手

電力自由化により電力会社を選べる様になったことで、選択肢はぐっと広がったものの、比較するポイントや情報を押えておかないと、自分に合った選択をすることが難しくなったというジレンマもあります。選ぶ際の基準は人それぞれになりますが、会社選びのポイントは大きく二点です。一つ目は値段です。やはり日々使う電力ですから、安さは無視出来ません。過去の電気代や使用量から、会社を切り替えた場合の電気料金を比較し、お得な会社を選ぶことがお勧めと言えます。二つ目のポイントは、電気の発電方法です。使用する電気がどの様に作られているかといった部分になりますが、環境を配慮し自然エネルギーを利用しているなど、会社の特徴が現れる部分にもなります。どの会社の電気を利用するかによって、エネルギーのあり方や考え方などを含め、選んだ企業を指示し、応援するといったことにも繋がるので、よく考えることが大切です。

手続きは意外に簡単

電力会社の切り替えを考えた場合、手続きが大変そうだと感じるかもしれませんが、実際には、新しい電力会社に申し込むだけで良いので、とても簡単な場合が殆どです。現在の利用状況について書かれた月々の明細書が手元にあり、利用する電力会社のプランについて決まっているなら、10分もかからすに申し込みを完了することも可能です。電力自由化により、初めて切り替えを行う場合には、電力メーターの交換工事が必要になる場合が多いものの、費用は無料となる場合も少なくありません。稀に一部の会社では事務手数料や諸経費として、いくらかお金を要求してくる場合もありますから、申し込み時にはよく比較し、確認することが大切です。

集合住宅の場合は注意

電力自由化に伴い、電力会社を切り替えようとしても、上手くいかないこともあります。その典型的な例が集合住宅に住んでいる場合です。集合住宅では、オーナーや管理業者が電力を一括管理し、電力会社と契約していることも珍しくありません。そうすると、せっかく色々と比較し、自分に合った電力会社を見つけても個別で変更することは難しくなります。集合住宅でも個別に電力会社と契約出来る場合には、会社の切り替えが出来ますので、まずは、確認をしてみることが大切です。また、契約期間や違約金を設定している会社もあるので、切り替えの手続きを進める前には、しっかりと確認することも欠かせません。

広告募集中