環境に優しい電気とは?バイオガス発電を知ろう!【Interior Environment】
HOME>注目記事>環境に優しい電気とは?バイオガス発電を知ろう!

メタンガス化で発電

生ゴミや家畜の糞尿・廃材などをリサイクルする方法には、飼料にしたり堆肥にしたりするほかに、バイオマス発電があります。一般的なバイオマス発電は廃棄物を可燃性のチップに変え、直接燃焼させて発電します。これに対してバイオガス発電は微生物の働きで廃棄物を発酵させ、メタンガスを取り出して燃焼させる方法です。取り出した後の廃棄物を肥料として再利用することもできます。廃棄物の焼却処分には費用がかかりますが、バイオガス発電を導入すれば逆に買電収入が得られます。また二酸化炭素排出量も少なくなり、環境保全に貢献することが可能です。原料になる生ゴミや糞尿などを安定的に確保できること、処理後の廃棄物を上手に再利用できることが、バイオガス発電を採算に乗せるポイントになります。なお再生可能エネルギーとして補助金の交付も見込めます。

焼却施設との併置も

まだ日本では知名度の低いバイオガス発電ですが、上記2つの条件を満たす北海道で最も多くの施設が稼働しています。本州・四国・九州でも徐々に導入が広がっており、今後の普及が期待されるサービスと言えます。バイオガス発電にはメインとなる発酵槽や発電設備のほかに、前処理施設や脱臭・排水施設などを設ける必要があります。ただし既存の焼却施設や汚水処理施設がある場合は、併置することでランニングコストを抑えられます。また一般的なバイオマス発電よりもイニシャルコストは低いのが特徴です。技術の進んだヨーロッパからプラントを輸入するという方法もあります。地球環境を守り循環型社会を目指す上で、バイオガス発電は有力な選択肢のひとつになります。廃棄物処理コストに頭を悩ませている企業や自治体は、導入を検討してみる価値があるでしょう。

広告募集中